2009年06月12日

【動画】稲川淳二の傑作長編怪談『生きている人形』

 ジャンプの読切怪談マンガで思わず稲川淳二さんの怪談を聞きたくなりまして、今日はこんなエントリー。
 数々ある稲川淳二さんのお話のなかから、人気の高い長編ものをご紹介。
 蒸し暑い夜に、こわ〜い怪談で涼を楽しむ。
 これはやっぱり、日本の風流ですよね〜。
 しかし、これはちょっと怖すぎかも……。

【注意!ご覧になった後で、あなたの周りに何かが起きたとしても、当方では責任を負いかねます。自己責任の上でご覧下さい】

生きている人形 1/4


生きている人形 2/4


生きている人形 3/4


生きている人形 4/4



 実体験を元にした話ゆえの迫力が凄いです。
 特に、テレビ番組収録中のパニックは、実際に映像が残っているらしいという事もあってインパクトが違います。
 また、やっぱり稲川さんの話術は素晴らしいですね。
 ついつい長時間の動画にもかまわず引き込まれてしまいました。

 いや〜、これ、エントリーしているの、風呂上りの蒸し暑い真夜中なんですが、一気にスーッと身体が冷めちゃいました(笑)。
 私いま、ベランダに面した部屋でこれ打ってるんですが、蒸し暑かったもので窓を1/3だけ開けてたんですね。
 で、ちょうどその窓が目のすみっこに入るんですが、そこがさっきから気になって仕方ないんです。
 稲川さんじゃないですが、ちょっと、白いものが動いたような気がしちゃったものですからね(笑)。
 気のせいとはわかっていても、ついついそんな気にまでなってしまいます。
 怪談って、ほんと面白いですね〜。



********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
********************************************************
 
posted by BOSS at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。