2009年05月27日

【訃報】作家・栗本薫先生、死去

 衝撃、です。
 あまりのショックで、なんと言っていいのかわかりません。
 全150巻を越え、さらに書き続けられていた超大河ファンタジー小説『グイン・サーガ』の栗本薫先生が、昨夜、膵臓癌でお亡くなりになりました。
 享年56歳でした。

“マルチ作家”栗本薫さん死去、「中島梓」の名でも活躍

 大河SF小説「グイン・サーガ」のほか、ミステリー、文芸評論などマルチな才能で知られた作家の栗本薫(くりもと・かおる、本名・今岡純代=いまおか・すみよ)さんが26日午後7時18分、東京都内の病院で膵臓(すいぞう)がんのため死去した。

 56歳だった。葬儀は近親者のみで行い、後日、お別れの会を開く予定。

 東京生まれ。早稲田大卒業後の1978年、青春ミステリー「ぼくらの時代」で江戸川乱歩賞を受賞。81年、本格推理「絃(いと)の聖域」で吉川英治文学新人賞を受賞した。

 また、中島梓の筆名で評論家としても活躍、純文学、漫画、サブカルチャーまで幅広く批評する一方、舞台演出、テレビドラマ脚本なども手がけ、テレビにも出演するなど多彩に活動した。

 剣と魔法の支配する異世界で、豹頭(ひょうとう)の戦士が活躍する「グイン・サーガ」は、79年にスタートし、2005年に正編だけで100巻を突破、最新刊は126巻。一人の作家による小説としては世界最長と言われる。2007年にがんが見つかり、抗がん剤治療中だった。

(2009年5月27日11時33分 読売新聞



 おととしの冬、膵臓癌が発覚してからの長く苦しい闘病生活の末でした。
 闘病生活中にもかかわらず、隔月で刊行されてゆくグイン・サーガには驚かされると同時に呆れるような、そんな妙な安心感もありました。
 巻末の、近況報告も兼ねたあとがきでは、辛い闘病生活ながらも持ち前のタフさで前向きに、病に勝てないにしても、共存して生きてゆこうとする、どこまでもタフな先生のお姿がうかがわれ、とても頼もしく思っていたのですが……。
 グイン世界の運命神ヤーンは、残酷なことをなさいます。


 ひとりの作家の手による小説としては世界最長を誇る小説『グイン・サーガ』は、ついに未完となりました。
 100巻を越え、第1巻発売から30周年を迎え、ついに今年初のアニメ化まで果たして、小説本編でも新しい章が開けて、いろいろとこれから!という時だったのですが。
 残念でなりませんが、一番残念だったのは先生ご自身でしょう。
 まだまだ書き足りないこと、描き足りないこと、語り足りないことがいっぱい、いっぱいあったことでしょう。
 本当に、残念でなりません。

 既に書上げられている127巻は6月発売ですが、それ以降のストックはどれだけあるんでしょうね。
 噂では今年いっぱいぶんは既に書いてあるということですが。
 どの巻が遺作となるのか、ここからは一ページ一ページ、大切に読んでいきたいと思います。


 私が栗本文学と出会ったのは、学生時代、ゲーム雑誌に紹介記事が載っていたのがきっかけで、グイン・サーガを読み始めたのが最初でした。
 第一巻を読んで一気にはまり込み、あっという間に最新刊(当時34巻『愛の嵐』)まで読み終わったとたんに次の最新刊(35巻『神の手』)が出たのをよく覚えています。

 そこからは、無我夢中で栗本薫という世界にのめりこんでいきました。
 その世界は果てしなく広く、探偵もの、クトゥルフ・ホラー、時代劇、SF、パロディ、大正ロマン、耽美、ヤオイ……。
 また中島梓名義では評論からエッセイ、小説道場なる小説入門の書まで。
 どれもこれも本当に魅力的な、たくさんの世界を見せてもらいました。


 先生とは、ありがたいことにニフティフォーラム時代、何度か直接フォーラムで会話させていただく機会がありましたが、先生のお姿は実は一度だけ、ちらっとお見かけしたことがあります。
 それは97年にミュージカル化され、先生ご自身の手で演出もされた 『天狼星』 の会場でした。
 開幕前、私があわただしく駆け込んだトイレから出てきたところで、いきなり靴紐がほどけまして、結びなおそうとしゃがみこんだら、今度は胸ポケットに入れてあったカギがチャリ〜ンと落ちたんですね。
 人ごみの中であたふたとそれを拾い……というすごくカッコ悪いことをやっていたら、間の悪いことに、ちょうどそこに先生が通りがかりまして、ピッタリ目が合っちゃったんですね。
 「あらあら、何をやってるんだろうかこのマヌケちゃんは」 ってな、ちょっと可哀想な子でも見るような目だったのをよく覚えております。
 私は、あまりの間の悪さと恥ずかしさにお声をかけることも思いつかず、すごすごと逃げてしまったのですが、今となっては本当に勿体無いことをしたと。
 取り返しのつかないことをしてしまったなぁと、心残りでなりません。
 あの時、靴紐をほどいたヤーン神を恨めしく思っていたのですが、今日、この報を聞いて余計に恨めしさが倍増してまいりました。


 考えてみれば、私の心の本棚のうち、一番多くの部分を占めているのが栗本先生です。
 文章もかなり影響を受けていますし、考え方も多くの部分で影響を受けました。
 今、その先生がもういないのだと考えると、どう感情を処理して、どう考えていいのか、ちょっとわかりません。
 あまりにもショックが大きすぎます。
 あの大好きなグイン・サーガが未完となってしまったのか、ということも間違いなくショックですが、それ以上に、私のなかで大きな位置を占めていたものがなくなってしまった、そんな感じを今、受けています。


 栗本先生、今まで本当に、たっくさん魅力的な物語をありがとうございました。
 さぞ、無念だったことでしょう。
 語りつくせなかったことが、たっくさんあったことでしょう。
 闘病生活も、本当に辛かったでしょうね。
 よく頑張って、病床からもたくさんの物語を、ありがとうございました。
 これからはもう、何も、辛いことも、痛いことも、気持ち悪いことも、苦しいこともありませんからね。
 天国で好きなだけ小説を書いて、ピアノを弾いて、ヤオイを書いて、天国の作家先輩諸氏から虐められたり可愛がられたり、思う存分楽しんでください。
 心からご冥福をお祈りいたします。



 本当は、今日はアニメ版グイン・サーガの感想を書く予定だったのですが、今日はそういう気分にはどうしてもなれません。
 明日、少し落ち着いたところで書こうと思っています。



********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
********************************************************
posted by BOSS at 22:10| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニュースを聞いて思わず驚きの声が出てしまいました。原作を読み始めて2*年。長い闘病生活の事は当然、知ってはいましたが、あとがきやブログを読む限りでは、まだまだ元気とはいかないまでも、ずっと書き続けてくれるものと信じていました。こんなに急なお別れになるなんて、誰が想像していたでしょう。一人の作家が亡くなる・・こんなにつらいなんて。グインの旅を最後まで見届ける事がかなわない事は残念でなりませんが、栗本先生、長い間本当にお疲れ様でした。
Posted by だやん at 2009年05月28日 09:12
『グインサーガ』
この作品は、すでに30年も続いており、もしかしたら未完で終わってしまうのではと思っていた人も沢山いたと思います。
先生も自分の病気のことからも、もしかしたらグインが未完で終わる可能性もあることは承知していたと思います。
それゆえに、終わりまでのプロットを残してくれることをせつに願います。
この先どの様な展開が続き、どの様な結末で終わったのか、今までグインサーガと長い付き合いを続けていた人であれば誰でも思うことだと思います。
未完で終わった作品は沢山あるとは思うのですが、できればグインは最終巻まで書き終えてほしかったですね。

何はともあれ、惜しい人を亡くしました。
それも、予想よりもかなり早い段階であったことを悔やみます。本当に残念です。
Posted by のんたん at 2009年05月28日 11:23
アニメの感想に2度ほどお邪魔させていただいたものです。
恋に恋する乙女だった頃に読み始めた私は、とにかくイシュト萌々で、結婚、出産を経験した今では、危なっかしいイシュトをカメロンさん様な気持ちで見守ってきたのですが、心にぽっかり穴が開いてしまいました。
129巻までは出るという情報もあります。127巻があれで終わったので、とても気になることが一杯ありますね!
アニメも次回はイシュトのトラウマ1号ですね。うううう・・・
Posted by 原作読み子 at 2009年05月29日 08:26
 皆様カキコ有難うございます。
 皆様のコメントや、いろんなのサイトでの弔意を読むにつけ、栗本薫という作家、中島梓という才能は、本当にたくさんの人に愛され、影響を与えていた、大きな存在だったのだなぁと、しみじみと思いました。
 本当に、惜しい人を亡くしましたね。

 なぜ、ヤーンは栗本薫に56年の時間しか与えなかったのでしょうか。
 悔やんでも、悔やみきれません。
 でも、だからこそ、あの人は常人ではありえないほどのスピードで沢山の本を書きまくり、生き急ぐように多岐にわたる分野の書を残してくれたのかもしれませんね。

 これからちょっと、本棚の中から気の向くままに、栗本作品を抜き出してはつらつらと読んでいきたいと思います。
 きっと、今ならまた昔と違う感慨が湧いてくるような気がします。
Posted by BOSS at 2009年05月30日 00:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。