2009年03月15日

コミック感想 スティール・ボール・ラン VOL.17 『D4C』

 レース第8ステージ・フィラデルフィアで、ついに大統領との直接対決が開始!
 クライマックスシリーズに入ったジョジョ第7部 SBR、第 17 巻の感想です。


過去感想→13141516

【ネタバレ注意!】




 これまでのSBRには珍しいほどページ数が小刻みに掲載され(といっても1話あたり30〜50ページくらいあるんですが)た64〜68話が掲載。
 謎が謎を呼ぶ不可解の連鎖展開なもんですから、ひじょーに気をもんだものでしたが、こうやって一気に読むとあらためて極めて高い緊迫の展開に興奮しちゃいます。

 まずは冒頭、「志村うしろうしろー!」 そのままにジャイロに警告を送ったジョニィが突然 「射殺」 されちゃう衝撃のシーン!
 これはやっぱりショッキング。
 しかもここで撃たれてからこの巻ではジョニィに何のフォローもなく、さらにウェカピポには撃たれるわ Dio にも撃たれるわ、ジョニィったら目も当てられない扱いです。
 まさに 『終わりのないのが終わり状態』
 実はジョニィ、ジョナサンの生まれ変わりじゃなくってディアボロの生まれ変わりだったんじゃないでしょうか(笑)。

 一方のジャイロも、短いながらもキレのいい戦いをしています。

「ガールフレンドに言ってやるのが最適な言葉だが
 この『レンズ』
 自分が思っているよりもお互いの距離はずっと近いみたいだぜ」


 なんてスカしたセリフもジャイロにはお似合い。
 しかし、鉄球の回転で空気を屈折させるなんて、ほとんど 神砂嵐 レベルの超絶能力ですよね(笑)。


 そして、この巻のメインは、なんと言ってもここからのワケワカラン状態!
 複数の視点からくりかえし描かれる 「ジョニィ射殺事件」 の奇妙奇天烈すぎる現象です。
 ここ、子供達と画家がお互い言うことが違うってシーンがとにかく秀逸。
 気持ち悪いんですよね〜、こういう状況って。
 わーわー言ってる子供達と老人って状況がとにかく怖い。
 思わず逃げ出したくなっちゃう怖さを秘めています。
 理解不能の生物にかこまれちゃったような感覚なんでしょうか。
 こういう生理的に怖い状況を前フリとして挟んだことで、ここからの不可解現象が凄く面白くなっている気がします。


 この奇妙状況については、現在連載中の話において一応の真相のようなものは分かってきたので言及しないことにしますが、これに巻き込まれたウェカピポと Dio の、それぞれの反応の違いというのも面白いなぁと改めて気づきました。
 リンゴォ風に言えば、ウェカピポは 『対応者』 なんですね。
 敗者にはなりたくはないから、どこに味方すれば今は一番有利か、現況なにが起こっているのか、自分はいまどこにいれば安全か。
 信念や希望よりも、利得で動いているようにすら見えてきます。
 その気持ちはよくわかりますが、ちょっと私的にはいただけないですね〜。
 それに対して、Dio は状況をめざとく分析し、大統領やジョニィたち、ウェカピポなどすべて相手取って一歩も引かず、常に有利に、常に先手をと動き回っています。
 それが功を奏すかどうかは別として、この独立独歩の負けん気の強さはやっぱり Dio 様はすげーなと。
 わずかな情報と雰囲気だけで遺体の部位の現状を予測してるのもスゴイし、ここが正念場だと、勝負どころをしっかり把握しているのもスゴイ。
 そこで守りに転じるのではなく、今こそ攻め時だと、自分から大統領のもとに乗り込んでいく勝負師っぷりも惚れ惚れします。
 戦いの主導権は大統領には譲らない。
 自分こそが、この戦いの主導権を握るのだ、主導権を握るものこそが戦いに勝つのだと言わんばかりです。
 ウェカピポは所詮兵士ですが、Dio 様は 帝王 なのですよね。
 今回 Dio がウェカピポに近づいたのだって、ちょっと利用してやろうくらいの気分なんでしょうね。
 この自己主張の激しさはやっぱり Dio 様なのですねー。

 恐竜の能力がまた進化しまくってて素晴らしい。
 兵士を倒す、服を脱がす、服を着る、すべてを同時にやってのけるコマがシュール!
 ギャグなのかカッコイイのかちょっと混乱しますが、でもやっぱりカッコイイと思います(笑)。
 そして気絶させた兵士を保護色の恐竜にして隠したり、あげくのはてに燭台風の恐竜にしてしまったり!
 もうこれはすでに恐竜にする能力っていう範疇を超えちゃってますね。
 恐竜風の何か新しい生命に形を変えちゃう能力ですって。
 いや、もしかすると私達が知らないだけで、中生代には燭台そっくりの恐竜がいたのかもしれませんが!(笑)


 そしてラスト、ついに大統領御大の出現!!
 このままラストバトルに突入って感じですね。
 このへんまでくると、どのような形でこのSBRが完結するのかが気になってきます。
 レースの最終ステージを残したまま、ラスボス戦になっちゃうんでしょうか。
 たしかにラスボスを倒してからゴール!ってほうが気持ち良さそうですが、でも、大統領が死んでもレースって中止されないんですかね。
 そしてレースの優勝は誰の手に?
 いろいろと目前に迫ってきて気になることは一杯。
 完結がとても待ち遠しくなってきましたね。
 さらにちょっと気が早すぎるかもしれませんが、ジョジョ第8部はいったいどんな話になるんでしょうか。
 いや、それはさすがに気が早すぎるか(笑)。



■ウルジャン掲載時の感想
 そのときそのときのタイムリーな感想はこちら。
 旬な感想なのでテンション高めです。
 掲載誌移動の関係上、ナンバリングがコミックス収録時のものとズレています。

・#64 → #39 真の力(パワー)B
・#65 → #40 真の力(パワー)C
・#66 → #41 真の力(パワー)D
・#67 → #42 不可解の連鎖
・#68 → #43 大統領が来る!



********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ
********************************************************
posted by BOSS at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。