2009年02月23日

ONE PIECE 感想 第533話 “LV4 焦熱地獄”

 週刊少年ジャンプ13号掲載分の感想です。

【コミック派ネタバレ注意!】




 おっと蛇姫さま、もうご出発ですか。
 とするとルフィがエースを首尾よく脱獄させたとしても、インペルダウンからの脱出には蛇姫さまを頼るわけにはいかないのですね。
 これはいったいどうなっちゃうんでしょう。
 海軍の軍艦一隻でも強奪しないことには海に出られないですよね。

 モモンガ中将のもとに急報。
 なんと赤髪のシャンクスが動いた!
 おおー! もしやシャンクスも来るのか!?
 これまで海軍サイドはフルメンバーでそうそうたるメンツがそろい、王下七武海までならべる万全の態勢でしたが、それに対する白ひげは、いかに四皇とはいえたった一勢力で大丈夫なのかと心配はしていました。
 まだこちらに来るとは決まってはいませんが、もし来るのだとしたらこれは、白ひげめっちゃめちゃ心強い!
 そしてもしかしてルフィとシャンクスの再会もできちゃう!?
 おおー、それ凄いぞ!

 しかし、赤髪と小競り合いになったというカイドウ。
 以前たしかゲッコー・モリア海賊団を全滅させ、モリアの心を完全に歪めてしまったヤツですよね。
 それほどのヤツですし、四皇とまで呼ばれるやつですから、もしかしてシャンクスはそのカイドウを阻止するのにかかりっきりになって、この戦争には参加できず、ってことにもなりかねないですかね。
 うーん、まさに時代がどよめいている。
 激動の時代ですよ。


 一方ルフィたちはと言うと、なんだコイツら、面白すぎだ(笑)。
 2ページつかったしょーもないコントに大笑い。
 テンポがいいんだなテンポが。
 この組み合わせでは初顔合わせのはずの4人が、長年のコントグループのような名調子。
 いや〜こいつら大好きだチキショーめ(笑)。


 そしてついにレベル4。
 炎に包まれた灼熱地獄を想像していましたが、まぁたしかに熱い熱い言ってますが、うん、なんだ、それなりに大丈夫そうじゃないか(笑)。
 気合だよ気合!
 気合さえあればいけちゃいそうです(笑)。
 そうそう、ボンちゃんもいいコト言ってる。

 “心頭滅却すれば火もまたオカマ”……って、意味わかんねーよ!!

 で、予想通りきました、Mr.1 ことダズ・ボーネス!
 この全身刃物人間が味方になれば心強い!
 海楼石の手錠さえはずしてしまえば、色んなものを切り裂いてくれて話が早くなりそうです。
 でも、こいつが仲間になるのかなぁ〜。
 これまでの仲間とはちょっと違って、馴れ合うタイプとは思えないんですよね〜。
 しかも一度脱出の機会を自ら捨ててもいますし。
 いったいどう出てくるのか、とても気になります。


 のこり3匹の獄卒獣が登場〜。
 って、あのコアラも獄卒獣だったのか!!
 ミノコアラ、ミノゼブラ、ミノリノケロスって、なんじゃそりゃ〜〜ッ!
 こいつらいったい何?
 ヒトヒトの実を食った動物ってわけでもないようですし、ミノタウロス系のモンスターってこと?(笑)
 ほんとワンピ世界は広いなぁ〜。
 何がいてもおかしくないですね。
 しかし、縦巻きロールのミノゼブラがインパクト強すぎる(笑)。
 ミノコアラは、顔の上半分だけが見えてたときはかわいかったのに、なんだあの口は。
 こいつだけはかわいさ半減以下ですな(笑)。


 レベル3へと通じる階段前で待ち受けるマゼラン署長以下総勢。
 署長、その椅子って……もしかして専用トイレ?(笑)
 そりゃハンニャバルもいらないわ。


 順当にいけばハンニャバルとかサディちゃんとか、周辺メンバーを倒してから最後に署長かな?と思っていたら、なんとまさか、ここでいきなりルフィとマゼラン署長がバッタリ遭遇!!
 まさかの最強マッチがさっそく実現です!!
 これはマジで衝撃。
 食料ゲットでパワー回復かと思いきや、その暇さえくれませんでした。
 この怒涛の勢いこそがインペルダウン編の面白さですね。
 うわ〜来週がすっげー気になる。
 毒相手にルフィ、いったいどうするんだろう……って思ったら、来週作者取材のため休載って!
 うおー!
 なんつー生殺しッッ!!



********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
********************************************************
posted by BOSS at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。