2008年11月09日

巨人逆転負け。日本一ならず!

 ぐわぁ負けたかッ!!

西武、逆転で4年ぶり日本一…巨人に3─2

 プロ野球の日本シリーズは9日、東京ドームで第7戦が行われ、西武が巨人に3─2で逆転勝ちし、4勝3敗として4年ぶり10度目の日本一に輝いた。

 渡辺久信監督は、就任1年目でシリーズ優勝を果たした。

(2008年11月9日21時37分 読売新聞


 第7戦までもつれた日本シリーズは、その最終日にふさわしい緊迫した接戦となりましたが、最後は中継ぎの越智が打たれて悔しい悔しい逆転負け。
 なんとも悔いの残る幕切れとなりました。

 終わってみれば、やはり阿部慎之助の負傷は決定的に痛かったですし、またイ・スンヨプの絶不調も計算外。
 しかしこの決着を決定付けたのは、原采配と選手たちの 「気持ちのズレ」 だったのではないでしょうか。

 原采配は、「普段どおり」「いつもの勝ちパターン」 で行けば負けない、というスタイルであったようですが、しかし舞台は日本シリーズ。
 短期決戦独特の雰囲気に、どうしても選手たちは浮き足立ったり逸ってしまったり、緊張が出てしまったかもしれません。
 頭では冷静にいつも通りになれたとしても、身体のほうは硬くなったりヒートアップしたり、普段とは違うところに力みが入ってしまうものでしょう。
 どうしたっていつも通りにはいきません。

 それがまざまざと出たのは今日、7回、8回と連投をした越智でしょう。
 7回、目の覚めるような気迫のこもったピッチングを見せた越智に、原監督は8回にも続投を命じます。
 しかし、越智としては7回に全てを出し切ってしまった後だったのではないでしょうか。
 7回とは別人のような投球となり、片岡に死球を与えたあと、盗塁、犠打、内野ゴロの流れであれよあれよと1点を取られ、最後は中村剛也敬遠が裏目に出た形となって逆転を許しました。
 これは監督と選手間の、気持ちの距離が招いた結果だったんじゃないでしょうか。

 対する西武は、次々と先発ピッチャーを継投する最終決戦ならではの形をとり、いかにも 「全てを出し切るぞ!」 と首脳陣と選手が、チーム一丸となって決戦に挑みました。
 この差が招いた結果だったのではないでしょうか。

 と、素人目にはうつったのですが、まぁそんな理屈どうでもいいんだ!!

 悔しい!!!

 チクショウ!!!!

 来年見てやがれ!!!!!




********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
********************************************************
posted by BOSS at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。