2008年10月18日

スティール・ボール・ラン感想 #42 不可解の連鎖

 ウルトラジャンプ2008年11月号掲載。
 ジョジョの奇妙な冒険 Part7
 SBR #42 不可解の連鎖
 の感想です。
 事態は混迷。
 まさに不可解の連鎖展開です。

ネタバレ注意!



 久々に表紙を飾るジャイロが美しい。
 豹柄が実にワイルド&ゴージャスです。

 今回冒頭部分は、全ての発端となった 「遺体」 の正体について。
 やっぱりイエス・キリストだったんですね〜。
 それはまぁそれしかないと思ってましたが、しかし、今回はなかなか興味深い流れです。

 バラバラになった遺体を集めると聖人が復活するという伝説は、イエス本人が残したものだったのですね。
 今まで私は、それはイエスの弟子や、後世の人間が、奇跡を願い、イエス復活を願って勝手に言っていることだと思っていたのです。
 「遺体集め」 は今まで何度も奇跡を起こしてきましたし、おそらく全てが集まれば大きな奇跡が起こるのだろうなとは思っていましたが、さすがにイエス復活そのものってことはないだろうと。
 そうタカをくくっていたのですが、これはホントに復活しそうですよね。
 物理的な 「復活」 そのものじゃないかもしれませんが、何らかの 「存在」 として、このアメリカに現われてしまうのかもしれません。

 また、イエスがアリマタヤのヨセフに残した言葉、

「物事は円」
「回転したならば」


 というのは、あきらかに一巡した宇宙を指しているように聞こえます。
 イエスは 2000 年前に、プッチ神父による宇宙の循環を予知していたのかもしれません。
 そして、一巡後(あるいは何巡かしたのち)の復活を希望したのではないでしょうか。
 では、なんのために?
 そう考えてしまいますね。
 ただ復活したかったから、という単純なこととは思えないですし、ちょっと大胆な予想ですが、もしかするとイエスは一巡して狂ってしまった宇宙の時間軸を、元に戻そうとしているのではないでしょうか。
 これは復活が楽しみになってきました。
 はたしてこの物語は、ラストにどんな結末を迎えるのでしょうか。
 あの衝撃の6部ラストがあるだけに、なかなかスリリングなことになってまいりました。

 ところで、キリストさん、なんで東にいくかな。
 軽〜く歩きで世界一周してますよ(笑)。
 西から行った方が近いのになぁ。
 途中日本を通ったようで、おかげで日本各地に残るキリスト伝説もなぞってくれてますが。

 もひとつ突っ込みどころとしては、磔になってから何百年と生きてたっぽいのに、手と足の穴はふさがってないんですね(笑)。
 実はやっぱり磔で死んでて、もう体はブチャラティだったんじゃないの!?
 ハッ!!
 もしかしてブチャラティって 「聖人」 だったの!?


 そして、現代。
 視点はウェカピポですが、なんだこれーッ!
 襲われたと思い、銃で反撃したらそれがジョニィ!
 ジョニィを撃ち殺したのはウェカピポだった!?
 いや、明らかにコレおかしいし。
 着弾箇所こそ一緒ですが、銃弾がジョニィの体を貫いてゆくプロセスがまったく違います。
 セリフも違うし。
 たとえば #40 ではジョニィはここで、

「おまえ… は… よくも……
 この「スタンド」は…」


 と、明らかにスタンド能力を認識しています。
 こんなセリフは今回ないですよね。
 それに、相手がウェカピポであれば、スタンド使いでないことは良く分かってるはず。
 なんだか平行宇宙にでも紛れ込んだようなワケワカラン状態です。
 これがもしや、目撃者が3人もの犯人を指摘した原因なんでしょうか。
 もしかして、パラレルワールドが同時にそこに存在したとか、そんなワケワカラン事態なのでしょうか。
 ウェカピポを星条旗ごしに襲ってきたスタンドは、大統領のスタンドのように見えました。
 この不可解すぎる状況を作り出した力こそ、大統領のスタンドなのでしょうか。
 謎はますますこんがらがり、深まるばかりです。
 なんつーミステリー!

 いやしかしウェカピポが 「裏切者」 ではなかったようでよかった。
 Dio とも組んで結託していたわけではなく、なりゆきであんな会話になったようですね。
 ジャイロたちの絶対的な味方というわけではなくなったとはいえ、まだ敵とは決まってないようで。
 どうするんでしょうね。


 そして最後は Dio パート。
 これまたありえん展開です。
 ウェカピポを公園近くに誘い込み、ジョニィを襲わせた後、悠然とその前に現われたはずの Dio が、独立宣言庁舎に入ってッちゃった。
 もしかして、あの Dio はニセモノ!?
 実は大統領が化けてたり!?
 さっぱりワケワカラン。

 で、さすが Dio 様。
 警備兵に襲い掛かりながら、服を剥ぎ取りながら、さらにそれを着るという、とんでもないアクロバットプレー!

 『警備兵は襲う』『服も奪う』『それを着て変装する』
 『全部』 やらなくっちゃあならないってのが
 この Dio のつらいところだな


 ってところですね(笑)。

 しかもその事後の警備兵の姿が、なんともいえないオモロイ空間。
 なんで股間に両手をあてて切ない表情してるんですか。
 思わず噴いちゃったじゃないですか。
 なに? これギャグ?
 荒木先生、新手のギャグですか?(笑)

 さて、いよいよなるか、 Dio VS. 大統領!
 この戦い、どうなるか!!?



▼関連記事
・スティール・ボール・ラン #41 感想
・スティール・ボール・ラン VOL.16 感想
・スティール・ボール・ラン VOL.15 感想
・スティール・ボール・ラン VOL.14 感想
・スティール・ボール・ラン VOL.13 感想



********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ
********************************************************
posted by BOSS at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。