2008年10月10日

原巨人、リーグ制覇!

 やってくれました原ジャイアンツ!
 一時は阪神に 13.5 ゲーム差をつけられながらも、ジリジリと追い上げてついに逆転。
 見事リーグ優勝、V2 に輝きました!
 やった〜〜〜ッ!!!!!!

巨人がセ・リーグV2、“メークレジェンド”完結

 プロ野球セントラル・リーグは10日、読売巨人軍が2年連続32度目(1リーグ時代を含め41度目)の優勝を決めた。

 優勝マジックを「2」としていた巨人は、神宮球場で行われたヤクルト戦に3―1で勝ち、2位の阪神が横浜に敗れた。

 巨人の連覇は1989、90年以来で、セ・リーグでは92、93年のヤクルト以来。巨人は上位3チームによるクライマックスシリーズに出場し、2位・阪神と3位・中日の勝者と、日本シリーズ進出をかけて第2ステージ(22日開幕、東京ドーム)で対戦する。

 6年ぶりの日本一奪回とリーグ連覇を目指した今季の巨人は、開幕5連敗と出足でつまずいた。7月8日には首位を独走していた阪神に13ゲーム差をつけられたが、若手の積極的な起用で勢いをつけて反撃に転じた。9月には球団として32年ぶりの12連勝を記録し、阪神との一騎打ちに持ち込んだ。

 13ゲーム差を逆転しての優勝は、セ・リーグでは96年に長嶋茂雄監督率いる巨人が11・5ゲーム差をひっくり返した「メークドラマ」を上回る。プロ野球でも63年の西鉄(現西武)の14・5ゲーム差に次ぐ史上2番目の大逆転優勝となった。

(2008年10月10日21時17分 読売新聞



 ヤクルト相手に3−1で先に勝利を決めた巨人は、ベンチに戻って、オーロラビジョンに映し出される阪神の戦いを見守りました。
 3−4で横浜が1点をリードする9回表、阪神の攻撃。
 一球一球に会場が沸き、1ストライクごとに大歓声、ボールで大きなため息という、一種異様な雰囲気のなか、カメラは巨人ベンチの表情を大写しで映し続けていました。
 期待とか高揚感とか、いやまだまだとか、いろんな思いの渦巻く中、固唾を呑んで他球状の様子を見守る優勝寸前の風景。
 ちょっと珍しい光景でしたね〜。
 
 阪神は敗れこそしましたが、ラストは2アウト1、3塁までしぶとくこぎつけて、本当に最後まで諦めない戦いを見せてくれました。
 さすがはここまで戦ってきた強敵だけあるぞと、みせつけられた思いがしました。

 一時はもうダメだなと、今年は阪神で決まりだろうなと諦めかけた今年のペナントレースでした。
 しかし連勝に連勝をかさね、最後は大接戦のデッドヒートに持ち込み、ついに大逆転優勝をもぎとったと。
 いや〜、本当に面白いペナントレースでした。
 こんなに野球が面白いのも久々じゃないでしょうか。
 惜しむらくは地上波放送がないってことですが、ほんと J-COM 入っててよかった(笑)。


 ところで、お忘れかもしれませんが、これで私がセ・リーグ・トト2008の勝利者ですよ(笑)。
 いや〜巨人に賭けておいて良かった。
 巨人ファンのくせに中日とか最初いいそうになりましたからね。
 それで巨人が優勝してたら凄い居心地の悪いことになってるところでした(爆)。
 ファンはファンらしくしないとってことですね(笑)。



▼関連記事
・巨人、阪神を下してついに王手!
・巨人、虎に3タテで同率首位!
・セ・リーグ・トト 2008
・巨人開幕白星スタート!



********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
********************************************************
posted by BOSS at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。