2008年09月03日

福田総理、突然の退陣表明

 突然の退陣ではありましたが、電撃ニュースというほどではないのかもしれませんね。
 まぁ、なんだかやれやれ、といった感じです。

 福田さんの小泉内閣官房長官時代、私はあの冷淡な答弁にけっこう惚れ惚れしたものでした。
 ああ、この人はどんな時にも冷静沈着に政治的な姿勢を崩さずにいられる、器の大きい人なんだなあと、けっこう買っていたんですがね。
 次の総理はこの人がいいのかもなぁとまで思っていたのですが。
 実際なってみたら案外でした(笑)。

 オリンピック代表選手たちを送り出した名言 「せいぜい頑張ってください」 はさすがに 「精一杯頑張ってください」 の言い間違いだったんでしょうけど、こうなってしまうと福田総理というキャラクターを象徴する言葉になってしまいましたね。

 まぁ福田さんが言われるように無能だったのか、それともあまりにも今の政治的状況が向かい風過ぎて何も出来なかったのかは、わたしはあまり詳しくないので分かりませんが、なんにしろガッカリというのが正直なところです。


 考えてみれば、小泉政権時代に積み上げてしまった負債の大きさに、安倍さんが耐えかねて突然投げ出し、それを突然背負い込むことになった福田さんもやっぱりダメだったというわけで。
 言うなれば、風船ゲームで破裂寸前まで膨れ上がった風船を、みんなで押し付けあっているような、そんな光景にしか見えません。
 破裂するのは誰の目にもあきらかだし、オレはやだよって思ってるのに、顔では 「あなたこそがふさわしい」 と満面の笑みで、満場一致しつつ次の犠牲者にプレゼント。
 誰もがやりたくない小泉政権の尻拭いという汚れ役に安倍さんがささげられ、そこから逃げ出した安倍さんの尻拭いを福田さんに背負い込ませた。
 どうせ持ってあとちょっととわかってる政権だから、団結も推進力も後押しもそこそこに、皆それぞれ次の身の振り方しか考えていない。
 最初はけっこうヤル気もあった安倍号も福田号も、おかげで協力者を得られなくなり、あれよあれよと力を失って失速、墜落。
 なんだかそんな光景に見えて仕方がないですねぇ。


 次の総理が誰になるか、なんて話で、次の生贄探しが始まりましたが、誰が総理になっても次の選挙は厳しい戦いになることは間違いないでしょう。
 政権政党からの自民党転落という話が、なんだか現実味をおびてきました。
 そう言えば、小泉さんが総理になるとき、繰り返し繰り返し 「自民党をぶっ壊す!」 と叫んでいました。
 なるほど、小泉さんの言った通りになったのかもしれませんね(笑)。



********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
********************************************************
posted by BOSS at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。