2008年06月20日

スティール・ボール・ラン #38 感想

 ウルトラジャンプ2008年7月号掲載。
 ジョジョの奇妙な冒険 Part7
 SBR #38 真の力(パワー)A
 の感想です。
 扉は背中にアメリカを背負う大統領。
 そっか、背中の拷問の跡は星条旗だったんだ。
 しかしこの大統領がアメリカのためを思っているようにはまったく思えないんだよなぁ〜。

ネタバレ注意!




 復活のファニー・バレンタイン大統領。
 咽喉の傷跡も消えて意識を取り戻す。
 ルーシーの言うとおり、何が起こったんだかまったくわからず。
 スタンドの姿も見えましたが、SBRシリーズではめずらしいくらいの人型ですね。
 パッと見の印象は、キラークイーンの耳を長くした感じでしょうか。
 近接パワータイプっぽくも見えますが、単純なパワータイプは皆無と言ってもいい今回のシリーズです、やっぱり巧妙キテレツな能力を秘めているんでしょうね。

 姿を消したルーシー。
 テーブルの裏にナイフを突き立てて張り付く曲芸を披露。
 オマエは忍者か!
 大統領の隙をついて遺体が隠されているとおぼしき部屋へ。

 大統領はルーシーがフェイクで廊下にばらまいたブーツを調査。
 こ、これは!?
 ブーツの下からルーシーの足らしきもののビジョンが現れて背後の部屋へ。
 まるで、ルーシー本人の居場所を指し示す幻視のようです。
 言ってみれば、アバッキオムーディー・ブルースみたいな過去を見る能力でしょうか。
 しかしそれだと、先ほどの 『床に消えて現れた椅子』 の件や 『消えた咽喉の傷跡』 は説明がつきません。
 やっぱりラスボスだけに、なにか“時間関係”の強力な能力なのでしょうか。

 隠れていた部屋を大統領につきとめられ、窮地に立たされるルーシー。
 遺体の隠されている暖炉に近づいたそのとき、『奇跡』が起きる!
 頭部と片眼球をのぞき、すべてが合体した遺体が輝き、映し出す頭部のビジョン
 さらに、天使の翼のような「スタンド(?)」が出現してルーシーの腕を掴む。
 なんじゃこりゃ〜ッ!
 ここで聖人の遺体が介入してくるとは!
 まさかの超展開に仰天しまくりです。

 で、大統領が踏み込んでくると、てっきり聖人に連れ去られたかと思ったルーシーがそこにいる。
 ガタガタ震えてわけのわからないコトを言っているルーシー。

「光に包まれて「言われた」 「光」がしゃべった
 あたしに「産んでもらう」と言われた
 あなたにじゃあない…大統領…これは必然だと言われた」


 かまわずルーシーをハダカに剥く大統領。
 だが、なんということか、そのルーシーのおなかは大きく膨れ上がり、紛れもない妊婦のそれとなっていた!
 そしてそこに浮き上がるのは、聖人の遺体頭部の形。
 これは、『処女懐胎』 か!
 まさかルーシーは聖母マリアの再来だったのか!
 遺体は自らの復活のためにルーシーを母体に選んだと。
 面白ぇえ!!
 これは予想だにしなかった展開だ。
 たしかに、宇宙がいくつか巡る前、ルーシーの姿がエリナだったとすれば、エリナはジョジョの血統を母体に宿すことで物語の重要なキーパーソンとなった女性です。
 だから今回も誰かの血統を宿すという位置づけになることは予想しても良かったはずなんですが、しかしこれは予想できない!
 まさか聖人を処女懐胎するとは!

 これにてルーシーに手が出せなくなった大統領。
 唖然とするしかない。
 やーい、ザマーミロ!(笑)

「大統領が他人の幼な妻を孕ませようとしたら、遺体の聖人が先に孕ませちゃった」

 ここだけ見たらなんてシュール!
 カオスもいいところです!
 しかしこれはいったいどういう事態になっちゃうんでしょうか。
 まったくもって理解不能、予想不能。
 かつてない興奮の物語が待っていそうです。
 第七部はいったいどこへ行き、どうなっちゃうんでしょう。
 いやぁやっぱりジョジョはりスゲェ!


 一方場面は転換してウェカピポ対マジェント。
 パーフェクトな防御スタンド 『20thセンチュリーボーイ』 を持っているとはいえ、防御しかできないマジェントがいったいどのような攻撃手段をもってくるのかと思っていたら、なんとダイナマイトによる自爆!
 なるほどこれは考えた!
 接近戦においてこれほど効果的な攻撃もないでしょう。
 馬車とともに大爆発。
 しかしその寸前、ウェカピポも一瞬でいくつもの手をうつしたたかさ。
 瀕死のスティール氏にはツェペリ家式鉄球の回転で硬質化をほどこし、馬車馬にはレッキングボールで左半身失調を起こさせ、爆発の寸前に自分達を河に投げ出させる。
 このあたりの描写が非常にスピーディでダイナミック。
 レース中の出来事ではないにせよ、レース中のバトルを多く描いてきた SBR ならではと言っていい豪快なスケール感です。

 水中に落ちたマジェント、重症を負ったウェカピポを銃でいたぶり始める。
 今までの屈辱をはらさでおくべきかってトコでしょうね。
 しかし「ダンッ」って撃ってるコマがなんともマヌケっぽくてかわいい(笑)。
 そしてまた、マジェントの最後にあんなネタを持ってくるとは!
 ウェカピポの策略により、車軸のワイヤーを巻きつけられて水底に沈むマジェント。
 20thセンチュリーボーイによって水圧にも窒息にも耐えるのはよかったが……そのままでは自力脱出は不可能。
 氷の海峡で助けてくれたのがDioだったっつーのもオドロキですが、そのときいったいマジェントとの間に何があったんでしょうか。
 Dioを思い出すマジェントが妙にカワイイのですが(笑)。

(早く「Dio」が助けに来てくれないかな……
 もうすぐ来てくれる…
 会いたいな……
 もうちょっと待ってみよう)


 なんか妙に少女じみたモノローグに噴きだしました。
 マジェントの意外なかわいい一面でした。
 そして!

そのうち「マジェント・マジェント」は

待つ事と 考える事をやめた

 って、カーズ様かよ!!(爆)
 まさかここでそんなネタを持ってくるとは!!
 カーズとマジェントって、キャラまったく違うじゃないですか。
 まさかそう来るとは思いもしなかったので、このすばらしいサービスには思わず手を叩いて喜んでしまいました。
 荒木先生ステキすぎです!!
 

 今月は大統領の不可思議なスタンド能力に注目かなと思っていたら、なんとなんとルーシーその人にとんでもないことが起こり、そしてラストにすばらしいファンサービス。
 バトルは一瞬でしたが、お互い非常に理にかなった攻撃をしていてなかなかこちらも唸らされました。
 いやぁ読み応えたっぷりで大満足です。


 さて次回の主役は誰でしょう。
 もうどこからも目が離せなくなって気になってしょうがないのですが。
 ひとまず、ウェカピポの言葉を盗み聞いた Dio が最注目株でしょうか。
 来月が楽しみでしょうがない!



********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ
********************************************************
posted by BOSS at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
セルフパロディと言うやつですな
感想読んだだけでこっちもワクワクです、単行本派だけと気になり過ぎるぅ!!
Posted by 地方民 at 2008年06月21日 17:52
 SBRはアブドゥルやディオの登場のみならず、メメタアとか、こういうところまでやってくれるから気が抜けませんね。
 ストーリーも今燃え尽きるほどヒートしております(笑)。
Posted by BOSS at 2008年06月21日 21:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。