2012年03月11日

映画感想『ベルセルク 黄金時代篇T 覇王の卵』

満足度90点ワーナー・マイカル・シネマズ板橋にて鑑賞)
 言わずと知れた和製本格ヒロイック・ファンタジー剣劇漫画『ベルセルク』が、ついに劇場三部作化。
 本作品はその一作目となる、言わば序章であり、主人公ガッツと物語の重要な運命を担う男グリフィスの出発点を、充実した筆致で描いた本格作品となっている。

続きを読む


posted by BOSS at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。