2011年01月10日

映画感想 相棒‐劇場版 II‐警視庁占拠!特命係の一番長い夜

満足度91点ワーナー・マイカル・シネマズ板橋にて鑑賞)
 今更説明するまでもない、テレ朝日自慢のドラマシリーズ 『相棒』 の劇場版第二弾。
 警視総監はじめ警視庁トップの 12 名全員が人質に取られるという、史上最悪の警視庁立てこもり事件を発端に、実に相棒らしい警察内部のドロドロの暗部をえぐりまくる政治劇が展開。
 最後に衝撃のラストが待ち受ける、なんとも話題性豊富な作品となりました。
 ファンには意見が二分しそうな結末ですが、私はかなり満足でしたぞ!

【注意】
 以下、感想は決定的なネタバレを回避して書いています。
 これから劇場版を観に行くかどうか、参考にしていただいて大丈夫です。
 もしコメントをいただける場合には、ネタバレ回避にご協力をお願いいたします。

続きを読む
ラベル:映画 感想 相棒
posted by BOSS at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。