2009年03月28日

ドラマ感想 相棒 Season 1

 プレ・シーズンからシーズン1へ。
 相棒が連続ドラマとなった最初のシリーズを見終えました。
 いや〜今更ですがやっぱり面白い。
 昨年の劇場化に引き続き、今年もスピンオフ作品 『鑑識・米沢守の事件簿』 が劇場版公開が目前。
 先日放送の終わったテレビドラマ・シーズン7では、これまで長年杉下右京(水谷豊)の 「相棒」 として親しまれてきた亀山薫(寺脇康文)が神戸尊(及川光博)にバトンタッチしました。
 広がり続け、変化を続ける相棒シリーズ。
 その面白さの原点を観た気がしました。

過去感想 → Pre Season , 劇場版

続きを読む


ラベル:ドラマ 感想 相棒
posted by BOSS at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。