2008年06月15日

読書感想 グイン・サーガ 121

 グイン・サーガ121巻 『サイロンの光と影』 の感想です。
 ひっさびさのケイロニア編!
 表紙は、表紙初登場のランゴバルド侯ハゾス・アンタイオス!
 雪景色をバックに爽やかモデルポーズ(笑)。
 しかし内容はうってかわって×××××!
 シルヴィア皇女はどうなっちゃったんだろうとドキドキひやひやで、ページをめくるのがとっても怖い121巻の感想です!

過去感想→115 , 116 , 117 , 118 , 119 , 120
外伝感想→21


ネタバレ注意!

続きを読む


posted by BOSS at 17:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。