2007年11月26日

週刊少年ジャンプ52号感想

 今年最後のジャンプ52号。
 といってもまだまだ年内に4冊は出るわけですが、「は〜、これで一年おわったか〜」ってな感じがしちゃうのはジャンプ読者ってもんですなw
 しかし、なんで雑誌の号数って実際のカレンダーとこんなにズレてるんですかね。
 一月半ずれることにどういう意味があるんだろう。

 表紙は劇場版公開間近のブリーチ。
 最近ちょっと存在感の薄い主人公が表紙飾っていると、ああ、やっぱこいつが主人公だったんだよなと思い出しますw

続きを読む
ラベル:WJ ジャンプ 感想 JUMP
posted by BOSS at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。