2007年07月26日

読書感想 グイン・サーガ外伝21

 『グイン・サーガ 外伝21巻 鏡の国の戦士』 栗本薫 ハヤカワ文庫

 外伝ですら21巻というそれだけでも長編だっつーのなグイン・サーガですが、そんなことはまぁ何を今更な話ですね。

 今回はグインを主役として、外伝1巻「七人の魔道師」の後のエピソードを描く3話オムニバス。
 本編では現在グインが放浪中ですが、こののちどうにかケイロニアに帰還し、しばらくして「七人の魔道師」事件が勃発。そしてこの話へとつながるわけなので、読者の意識としてはだいぶ未来のお話。
 当然先の気になる読者としては「現在のあの人はどうなってるの!?」とか「あのひとはまだ生きてるの!?」とかまぁいろいろ心配になって、グインらのセリフに聞き耳を立ててしまうというというオマケ要素つき。
 ある種未来の予言の書のような位置でもあるんですね。

 また最近はイシュトナリスが主役だったり、グインが主役でもほとんど本編と変わらない(むしろ本編でやったほうがいいんじゃない?)ようなキタイ編やらで、グイン主体の外伝らしい外伝は久方ぶり。
 期待は高まります。

 第一話は鏡合わせの魔の刻限のいたずらか、異世界に迷い込んだグインが遭遇する異形の怪異の話。
 第二話は何者かの魔法によって愛妾ヴァルーサをさらわれ、それを追って謎めいた闇の世界に奥深く、グインがどんどんもぐりこんでゆく話。
 第三話はついにグインに待望の嫡子が生まれようとする前日、その胎児が母体から忽然と消えうせる怪異とその意外な謎の正体。

 どれも外伝5「時の封土」あたりのいかにもなヒロイック・ファンタジーの雰囲気で嬉しくなります。
 物語のタイプとしては第一話が楽しく、アイテムや舞台の趣向で言えば第二話、そしてキャラクターたちの面白さで言えば第三話と、それぞれ違った醍醐味が味わえるのも特徴。
 安心して楽しめる短編集となっています。
 また、本編へのドキドキな伏線を引いていたりして、あいかわらず意地の悪いことをしてくれますw

以下ネタバレ注意!

続きを読む


posted by BOSS at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コミック感想 バガボンド 26

 斬って斬って斬って斬って斬りまくりッ!
 そんなバガボンド26巻感想でっす。

続きを読む
posted by BOSS at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画感想 フォーン・ブース

 満足度85点(レンタルDVD)
 電話を切ったら殺される。
 正体不明のスナイパーに命を狙われ、電話ボックスで釘付けにされるサスペンス。
 物語のほとんどが、ひとつの電話ボックス周辺だけで展開される挑戦的な作品。

続きを読む
posted by BOSS at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。